メタボ健診(特定健診・特定保健指導)


メタボ健診とは、2008年4月から実施される特定健康診査および特定保険指導のことです。

主にメタボリックシンドロームや生活習慣病といった、あまり積極的に治療しようとしない病気に対して健診を行い改善する為の指導を行うというものです。

メタボ健診は国民健康保険を運営する市区町村、企業の健康保険組合などといったところで採用が義務付けられており、40歳〜74歳の健康保険加入者は必ず受ける必要があります。

検査項目は腹囲、血圧、血糖値、コレステロール値で、これらそれぞれに設けられた基準値を上回った場合に指導が与えられます。

メタボ健診とはこれまでの健康診断をさらに一歩踏み込んだ形の健診ということです。

ここ十数年の日本は、食事の欧米化や運動不足の若者が目に見えて増えて来ており、肥満体質あるいは隠れ肥満の人が急激に増えてきました。

肥満は健康とは対極にある状態であり、生活習慣病の元になると言われています。それを軽度の状態で発見し、予防または治療するために、このような健診を義務化するということですね。

体型は個性であり人それぞれなのだから、それに国が口を出すのはおかしいという人も少なくないようです。
実際、それはその通りだと思います。

生活習慣病対策とはいえ、個人の体型に関して国が管理するような状況は、まるで国民をロボットかなにかのように扱っているんじゃないかという意見もあり、それも一理あるかと思います。

とはいえ誰かから注意されなければ、いつまで経っても体質改善を行えない人が多いのも事実なんです。ある意味憎まれ役を国が買って出たようなものですね。

メタボ健診とは、様々な人達にとって健康とは何か、体型とは何か、管理とは何かを問いかけるものなのかもしれません。

健診で調査するメタボリックシンドローム


メタボ健診の名称の由来ともなっているメタボリックシンドロームですが、言葉の普及率とは裏腹に意味を誤解して覚えている人が多くなっています。

メタボリックシンドローム=単に肥満を指すという考えが多いようです。しかし、実際にはそうではありません。

メタボリックシンドロームは、内臓脂肪型肥満に加え、高血糖、高血圧、高脂血症の中の2つ以上を合併した状態のことを指します。

肥満とそれに伴う不健康状態をメタボリックシンドロームという訳です。メタボ健診において血圧や血糖値を測るのも、このメタボリックシンドロームを判断する為なのです。

高血糖や高血圧は、単独でも十分に危険な状態と言えます。これらが複数に渡って合併している状態だと、動脈硬化性疾患の発生頻度が飛躍的に高まります。

最近ではメタボリックシンドロームという言葉がバラエティ番組などの影響もあって安易に使われがちですが、実際にはかなり恐ろしい病気なのです。

痛いなどの自覚症状がない為、あまり深刻に捉える人が多くないという事情もあり、近年では非常に軽く見られがちになっています。

メタボ健診は、そういった社会的事情に警鐘を鳴らすという意味でも期待されているのです。

メタボリックシンドロームは非常に危険な病気です。その予兆があれば、直ぐにでも改善しないと取り返しの付かないことになります。

それをしっかりと把握し、メタボ健診に臨むようにしましょう。

健診で調査する生活習慣病


メタボリックシンドロームと同様に生活習慣病に関する健診を行うという目的が、メタボ健診にはあります。

生活習慣病とは、糖尿病、高血圧、脂質異常症などの、生活習慣がその主な発症原因とされている疾患の総称です。

この生活習慣病と内臓脂肪型肥満が合併した状態のことをメタボリックシンドロームと呼んでいるのです。メタボリックシンドロームを診断するということは、生活習慣病を診断することに等しいのです。

生活習慣病の厄介なところは、がん、心臓病、脳卒中などの脳血管疾患という現代の3大死因と密接な繋がりがあることです。

この3大死因のいずれもが、生活習慣病によって引きこされているといっても過言ではありません。更に肥満が重なりメタボリックシンドロームとなれば、その影響力は更に増加します。

生活習慣病はがんなどの死亡率の極めて高い病気の入り口ということです。

メタボ健診の目的はメタボリックシンドロームと生活習慣病の調査、予防ですが、引いてはがんや心臓病などの予防という意味合いがあります。

患ってしまったら取り返しのつかなくなる可能性の高いこれらの病気を未然に防ぐ為の健診なのです。

たかがメタボリック、たかが生活習慣病という認識を持っている方がいたら、それは直ぐに改めてください。
非常に怖い状態なのです。

取り返しのつかないことになるような、とても恐ろしい病気なのです。メタボ健診は、それらから一人でも多くの人を守る為に作られた制度なのです。

メタボリックシンドロームの定義


メタボ健診によって、メタボリックシンドロームに対する注目が一気に広まっています。

これまでとかく言葉だけが独り歩きしていた感のあるメタボについての正確な認識を求める声が大きくなってきました。

メタボリックシンドロームのメタボリックとは、元々は代謝を意味するメタボリズムのことを指し、代謝異常や代謝障害という意味を持つようになります。

そこにシンドローム(症候群)が加わることで代謝異常症候群となります。

メタボリックシンドロームというのは、代謝異常を引き起こす病気が重なっている状態のことを指すのです。

定義としては、肥満に加え高血糖、高血圧、高脂血症の状態が2つ以上重なった状態のことを指すということになります。

例えば肥満状態の際に高血圧と糖尿病も患っているとなれば、これは文句なしのメタボです。

肥満や高血圧とは、具体的にどういった状態の時のことを指すのでしょうか。実はこれも定義付けられています。

その定義は国によって異なるのですが、日本の場合は以下の基準が設けられています。

●肥満:腹囲が男性85cm以上、女性90cm以上の状態若しくはBMIが25以上
●高血圧:収縮期血圧(上)が130mmHg、拡張期血圧(下)が85mmHg以上
●高血糖:空腹時の血糖値が110mg/dl以上
●高脂血症:中性脂肪値が150mg/dl以上若しくは善玉(HDL)コレステロール値が40mg/dl未満

これはメタボ健診にもそのまま採用されており、この条件を肥満+他のどれか一つが満たしている場合は、メタボという判断が下され、メタボ健診における指導を受けることになります。

メタボ健診が自由を奪う


人間のオリジナルパーソナリティを構成する中には、体型という項目は非常に大きなウエイトを占めます。

一つの個性であり、人間にとって社会人にとって、あるいは生命そのものにとっての表現方法であり、それは表現の自由によって法律でも許されている部分だと思われます。

今回のメタボ健診の義務化は、それに抵触するのではという声が挙がっています。体型を自由に保つことを妨害することになるのではないかということです。

メタボ健診によって検査する項目には腹囲が含まれています。血圧や血糖値のように、明らかに健康面に特化した項目ではなく、体型の根源ともなる部分であり、ここの検査を行うというのは表現の自由的にどうなの?

と疑問視する人がいるのは決しておかしなことではありません。やはり指摘されて傷つく人もいるでしょうし。

ただ一つ、誤解の多い部分に対してご説明させていただきます。

メタボ健診による検査項目は、腹囲、血圧、血糖値、コレステロール値の4つですが、この中の腹囲だけが基準値を超えていても、指導を受けることはありません。

メタボ健診で指導を受ける対象は、腹囲およびBMIの基準値をオーバーしなおかつ他の項目で一つ以上引っかかった場合のみです。

お腹が出ていても血糖値や血圧、コレステロール値が正常なら、後で別個に注意を受けることはないのです。

もしかしたら腹囲の数値だけを見てあーだこーだ言う医師がいるかもしれません。もしそういう医師がいたら、それは表現の自由に対する冒涜です。

できれば、医師の方々にはしっかりその点を注意した上で指導をしてもらいたいものですね。

医療界からみたメタボ健診


メタボ健診の義務化は医療界にも大きな影響を与えています。

健診を行う上で必要となる施設の数が足りないということで、義務化が決定して以降各所に健診の為の施設を新たに設定することになったのです。

メタボ健診は単に健診を行うだけでなく、検査した項目が基準値を超えている場合は保健指導を行う、あるいは受ける義務があります。

今のところ健診を義務付けられている5,600万人の約25%、1,400万人くらいの人達がその指導を受けることになるだろうという予測が立てられています。

彼らを全て指導するには、現存の施設だけでは足りないのです。

日本には現在様々な医療施設がありますが、その中から新たな健診施設を選ぶ作業は容易ではありません。申請を出している機関はかなりの数に上るようですが、中には実績に乏しくメタボ健診の為の施設としては不適当とされるような医療施設もあり、その選定にはかなり苦労することになるでしょう。

メタボ健診をよりよい環境で行う為、医療界は尽力する必要を迫られています。つまり非常に大きな額のお金を動かすということです。

健診の為の経費はもちろん、指導を行っていく上でも相当な金額が動くことは間違いありません。医療界全体にとって、大きなチャンスと言えると同時に大きなリスクを背負ったともいえます。

問題が発生した場合は、これまで以上に大きく取り立たされることは間違いないのですから。

医療問題、医療不信が叫ばれる昨今において、このメタボ健診がどう医療界を動かすのか、現在大きな注目を浴びています。