メタボ健診と食事


生活を改善し心身を健康な状態にすることの中でも、特に重要なのは食生活の改善です。

メタボ健診で検査する項目は、いずれも食事によってその値が大きくコントロールされます。メタボリックシンドロームや生活習慣病の大きな原因となるのは、食事の不摂生にあると言われています。

メタボ健診を受けるにあたり、また受けた後においても、どのような食生活を行うべきかということは非常に重要になってきます。

メタボ健診に引っ掛からないようにする為の食事とはどのようなものなのでしょうか?

一番身体に悪いのは、ジャンクフードやスナック菓子です。これらを過剰に摂取することで悪質な脂肪が溜まり、腹囲やコレステロール値が平均値よりも大きく上がってしまう原因になります。

常に栄養素やカロリーを気にしながら食事するというのも難しいでしょう。そこでオススメなのが和食です。

和食は塩分こそ高めですが、それ以外においては非常に栄養バランスの良い食事です。食の欧米化が進む日本ですが、和食こそが人間の体にとって最も優れた食事なのです。

特にひじきなどの海藻類、ごぼうなどの根野菜はとても身体に良くメタボ体質の改善にも繋がります。

メタボ健診の為に食事療法を行うというのは本末転倒のような感じがする人もいるかもしれません。しかし、結果的には自己の健康に対する認識が高まる訳ですから全く問題はないのです。

メタボ健診と運動


メタボ健診によって検査される項目は、運動によってその値を改善することが可能です。メタボリックシンドロームの予防や治療には運動が有効であるということです。

メタボ健診を受けるにあたり、運動することを習慣付けてみてはいかがでしょうか?

メタボ健診によって検査されるメタボリックシンドロームは、内臓脂肪を減らすことによって予防できます。

内臓脂肪は皮下脂肪と比較しても落としやすいとされており、それは運動によって落とすのが最も効果的とされています。

どういった運動が内臓脂肪を落とすのには良いとされているのでしょうか。良くお腹を引っ込める為にする運動が腹筋ですよね。

ダイエットやメタボ防止の為に腹筋をしている人は多いのではないでしょうか。しかし実際には効率的とはいえません。

腹筋はあくまでも腹筋を鍛える為の運動であり、脂肪を落とすのには向いていません。もちろんやって損をするということはありませんが、内臓脂肪を落とすのであれば他に有効な運動があるのです。

メタボ予防に最も有効なのは有酸素運動の継続です。激しい運動を10分するよりもウォーキングを1時間した方が効率が良いのです。

時間が掛かるというデメリットも健康状態を保つ為だけでなく、精神的にゆとりを持たせるという意味では決してマイナスばかりではありません。

運動が苦手だったりお年を召している人にとっても、ただ歩くだけで効果が出るという事実は歓迎すべきものです。

メタボ健診が始まることをきっかけに、毎朝30分でもウォーキングを行うだけで、随分結果が変わってくるかと思います。是非実践してみてください。

メタボ健診と食事方法


2008年4月以降、メタボリックシンドロームに関する情報が今より更に大きく取り上げられることになるでしょう。

メタボ健診によるメタボリックシンドロームの検査は、国民にとって大きな関心となることは間違いありません。

当然そこでクローズアップされるのは、メタボリックシンドロームに対する予防方法です。中でも最も持ち立たされるのは食事に関する情報でしょう。

現在においても、メタボリックシンドロームの予防として優れている食材や料理に関する情報は氾濫気味です。

しかしその一方で、食事方法についてはあまり注目されていません。実は食事方法も非常に重要なのです。

同じ物を食べる場合であっても、どれだけ噛むか、どのような姿勢で食べるか、何時食べるかで摂取される栄養量が変わってくるのです。

基本的に食事は良く咀嚼することが大事です。噛むという行為は、食物を小さくして消化しやすくし唾液の中の酵素を多分に混ぜることで消化吸収の効率を上げる作用があります。

また、噛めば噛むほど満腹中枢が満たされるので、量を抑える効果もあります。

姿勢も重要です。寝ながら食べると胃の働きが制限され栄養の吸収が弱くなります。

食事時間も、規則正しくしないと、消化器官が活発に働いてくれません。

メタボ健診に備え、こういった食事方法についても今後見直していく必要があるでしょう。もちろんメタボ健診に関わらず、規則正しい食生活というのは人としての身だしなみでもあるのですが。