健康づくりのための運動


中高年(40代〜60歳)の死亡率の上位3位を、三大成人病(ガン、心臓病、脳卒中)が占め、しかもその割合は全体で、この年代の死亡率の約60パーセントにまでおよびます。

成人病の多くは、悪い生活習慣がその温床となっているというのです。そこでまずは、生活の基本ともいえる、食事と運動の見直しから生活の見直しを図ろう、という動きが高まっています。

運動の大切さをよく理解し、さっそくはりきって運動し始めたけれどもやり方を間違えたり、やりすぎたり・・・自分の力を過信しすぎて思わぬ障害を招くケースが多々あります。

人と競争したり、まだまだ若いつもりで自信過剰になることなく、適切な運動プログラムをつくって、計画的に筋力、体力アップをめざしましょう。

いったいどれほどの運動が「適切」なのでしょうか?

厚生省は、「健康づくりのための運動所要量」をさだめ、運動の習慣化を呼びかけています。

「健康づくりのための運動所要量」
年代別の1週間の合計運動時間および目標心拍数(拍/分)
20代・・・180分・・・130(拍/分)
30代・・・170分・・・125(拍/分)
40代・・・160分・・・120(拍/分)
50代・・・150分・・・115(拍/分)
60代・・・140分・・・110(拍/分)

*目標心拍数というのは、安静時の心拍数が70拍/分の平均的な人が最大酸素摂取量の50パーセントに相当する運動をした場合の拍数。

毎分100メートル程度の速足で、毎日25分間歩く、あるいは自転車ならば毎時18キロメートルほどの速度で25分走る、というように、1日30分弱ほどなら毎日無理なく続けられるのではないでしょうか?

tag:
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18670624
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック