運動習慣


40代〜60代半ばの中年から老年に向かう働き盛りに発症することが多い病気を総称して「成人病」と呼びます。

動脈硬化、高血圧症、心臓病、悪性腫瘍、糖尿病、通風、その他、骨の退行性変性などです。

特に、ガン、心臓病、脳卒中を、「三大成人病」と呼び、この年代の死亡率の上位3位、全体で60パーセントを占めているとまでいわれます。

問題のある食事習慣(栄養の偏りや食べ過ぎ)や、運動不足が成人病を招く悪い生活習慣の代表といわれます。

運動の大切さはわかっていても、それを日常生活のなかで習慣化するのはなかなか難しいものです。いったいどうしたら、運動を生活のなかに「楽しく」取り入れることができるのでしょうか?

大切なことは、「楽しむ」ということです。人それぞれによって、生活スタイルが違いますし、何を楽しい、価値があると感じるかも違います。しかし、運動という言葉を聞いただけでストレスに感じ、自分の身体に鞭を打つようにして重い腰を上げるようでは、長続きしません。やっていて楽しくありませんよね。

運動を楽しく、長続きするためのコツは、まずは運動に対する精神的なハードルをさげること、そして背中を押してくれるようなもの、あるいは人を探すことです。

たとえば、「運動」と力まなくても、歩くだけでもいいでしょうし、若い頃にやっていたことがあるスポーツならば、始めやすいでしょう。また、一緒にやってくれる人、あるいは、一緒に走ってくれる犬?、がいると、お互い励みになりますよね。

tag:
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18522273
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック