ガン防止のための食生活


三大成人病の筆頭にあげられるガンを完全に予防することは不可能ですが、発ガン遺伝子を刺激しないための手段として、国立ガンセンターはガン防止のための生活を提案しています。そのうち、多くは食生活に関するものです。

偏食をしないでバランスのとれた食事をする
魚と野菜の組み合わせ、肉と野菜の組み合わせ、そして豆製品や乳製品、海藻類など、まんべんなくあらゆる食品をとるようにします。

毎日、変化のある食生活をする
朝も昼も夜もカップラーメンというということはありませんか?
そこまで極端でなくても、1日、または1週間の自分の献立を振り返り、同じメニューが幾度となく登場しているということはないでしょうか?バラエティ豊かな食生活を心がけることで自然と栄養バランスも取れます。

食べすぎを避ける
食事はおなかを膨らませることだけが「満腹」ではありません。目で見て、舌で確かめ、しっかりと噛むことで精神的にも満たされるようにしたいですね。腹八分目!・・・わかってはいてもなかなか難しいものです。

深酒をしない
強い酒や多量の酒は、食道がんを誘発します。また、お酒を飲むことでほかの食事が満足にとれなくなってしまうこともあります。

その他、適量のビタミンと、たくさんの繊維をとる、塩辛いものを多量にとらない、あまり熱いものは食べないようにする、カビの生えたものを食べない、といったことがあります。

また、食生活以外にも、タバコを減らすか禁煙する、日光に当たりすぎない、疲れやストレスをためない、身体を清潔に保つ、といったことがガン防止に役立つといわれます。

tag:ガン予防
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18439580
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック