医療保険の告知事項


太っていることに対してメタボという言葉がよく使われているようですが、実際は単純におでぶちゃん=メタボというわけではありません。

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)は、ウエストが男性で85cm以上、女性で90cm以上で、血糖値、血圧、中性脂肪値のうち2つ以上の数値が基準値以上であることが診断基準となります。

メタボはそれ自体が病気というわけではなく、そのまま放置し続けると、生活習慣病に進行してしまう可能性の高い状態のことを言います。

これらの影響で、近年では自分の健康診断の結果や数値を気にする人も増え、健康に不安を抱えたり将来のからだについて真剣に考える人が増えてきています。

そして年齢を重ねた時のことを考えると、医療保険の必要性を感じるようになり、同時に自分が通常どおりに加入できるかどうかが気になってきます。

普通、医療保険に加入する際には、健康状態についての告知書に記入し、保険会社の審査をクリアしなければなりません。

しかし、健康状態について何か告知事項があったとしても保険に入れないとは限らず、部分的に保障の対象外になったり、期限付きの保障付きという例もあるようです。

また、ある保険会社で通常の医療保険に加入できなかったとしても、他の保険会社の医療保険には加入できた、という例もあります。

告知を必要としない無選択型医療保険というものもありますが、これはおもに高齢者向けの保険で、持病に対する給付の内容に制限があったりします。

もともと入院などの可能性が高い人を対象にしているため、保険料も通常の医療保険に比べると高く設定してある傾向があります。

医療保険の審査基準は会社ごとに違いますし、保険料なども比較するために、保険の加入を検討するときはひとつの窓口でいろいろな保険会社の商品を扱っている総合保険代理店などで相談するとよいかと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17463160
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック