メタボによる企業採用への影響


メタボ健診の義務化、ということで、今まで健康診断をほとんど受けていなかった人(対象年齢に含まれる人)にもその機会がやってきます。

また、メタボ健診の結果によっては保険料が変わってくるという話もあり、誰もが気になっている話題でもあります。

このメタボ健診の義務化には、賛否両論あるようです。

反対意見のひとつとして挙げられるのが、企業において今後の社員採用などに影響が出るのではないかという不安です。

メタボやメタボ予備軍に入る人は、それを理由に採用されないことが起こり得るのでなないだろうか、と心配しているのです。

メタボ健診の受診率や、メタボの人の改善が認められない場合に、健康保険組合や市町村が高齢者医療への負担金を増額されることになっています。

負担金が増額されれば、社員の負担する保険料にも影響が出てくるかもしれません。

このため、企業側が将来的な負担金を抑えるため、太った人は採用しないのではないかと考える人がいても当然のことだと思います。

しかし企業によって採用方針は様々ですし、能力のある人を体型的な理由で不採用にするかと言ったら、それは少し疑問です。

いずれにしても、自分の体調管理をしっかりして、日頃からメタボ対策をしておくことで、その心配は必要なくなると思います。

メタボ健診に反対意見もあって当然とは思いますが、自分の将来の健康のためと考え、メタボ健診を受けてください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17328385
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック