内臓脂肪はつきやすく落ちやすい


ダイエットをする人にとって体脂肪率というものが重要な値でしたが、今では内臓脂肪率を気にする人が増加し、体重計も体重、体脂肪率に加えて内臓脂肪率や筋肉量、基礎代謝量まで測れる高機能なものが発売されるようになりました。

内臓脂肪というのは、外見からでは一概に判断できないもので、太っているから必ずしも内臓脂肪が多いともいえず、逆に痩せて見えても内臓脂肪は多い(かくれ肥満と言われます)という人もいます。

この内臓脂肪に注目が集まったのには、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)という言葉の流行が関係しています。

略してメタボと呼ばれていることが多いのですが、将来的に生活習慣病を引き起こす恐れのある症状のことを言います。

今、日本で生活習慣病患者が増え、医療費を圧迫したり大きな問題となっています。医療費が増加し続ければ、保険料にも影響し、私たちの生活も圧迫しかねません。

健康面でも、金銭面でも、メタボになるということはかなりのリスクを背負うことになるのです。

内臓脂肪というのは皮下脂肪に比べ、からだの代謝との関係が深く、たまりやすい反面、代謝を上げることで減らしやすい脂肪でもあります。

つまり、食事を上手くコントロールし、適度な運動を続けることで確実に減らすことができるのです。メタボというのは、日々の乱れた生活習慣の蓄積からなってしまうことが多いようです。

逆に、生活習慣を健康的なものに改めていくことで、その症状は改善されていくと言えます。

日頃からメタボ対策を行なって生活習慣病のリスクを減らすことができれば、将来への健康不安が軽減される上、医療保険などの保険料も安く済む場合があり、健康面、金銭面ともに先が明るくなりますね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17308399
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック