子どもにもメタボ対策


すでにメタボ健診を受けた人はいますか?

平成20年度より義務化された、このメタボ健診ですが、対象年齢は40歳から74歳となっています。

しかし、実際にはもっと若い年齢からメタボの危険性を持った人も増えてきています。

そのため、企業によっては国が指定する対象年齢の幅を超えて健診を受けさせてくれるところもあるようです。

5年後に受診率やメタボ社員に改善がみられなかったら、その健康保険組合が高齢者医療に支払う支援金が増額されると言われているため、企業側も社員の健康管理には真剣に取り組んでいます。

また医療費が上がることによって保険料がアップしてしまうと、社員個人の生活も圧迫されてしまいます。

若い人のメタボが増えてきているのですが、20代、30代ならまだしも、10代からメタボの仲間入りをしてしまっている子どももいるのです。

国も、小中学生のメタボの基準を設けました。なんだか日本の将来を暗示するようで悲しくもありますが・・・。

医療費がふくらんで財政を苦しめるようになって、しきりに予防医学が謳われていますが、このメタボも健康なうちから予防に努めることで避けられます。

小学生の間にもメタボが蔓延してしまう前に、しっかりとした予防対策が必要なのかもしれません。

小学生を対象に、腹囲測定や血圧などを検査し、メタボの危険性がある児童には運動や食事の指導を行なうなどして追跡調査をしていく試みが行なわれている県もあります。

40歳以上といわず、メタボ検診はもっと若い人も対象にする必要があるのかもしれませんね。早いうちから生活習慣病の予防に努め、将来生活習慣病患者が減少し、医療費や保険料も抑えられるとよいですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17270817
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック