基礎代謝量の違い(1)


基礎代謝量が高いと脂肪が燃焼されやすく、太りにくい体を作ることができますが、この基礎代謝量には個人差があります。

まず性別により大きな違いがあります。女性には妊娠、出産という特別な仕事がありますね。この大切な仕事のために、男性よりも女性の方が基礎代謝量が低く少ないエネルギーで生命維持をすることができます。

一般的な数値は、成人した男性は1日当たり約1200〜1600kcal、女性では約1000kcal〜1300kcalです。

年齢によっても大きな違いがあります。20歳前の成長期が最も高く、平均値では男性が1日当たり1500kcal、女性では1200kcalになります。

成長期後は次第に減っていき、40才前後で、男性では1450kcal、女性は1150kcalになります。

50才前後になるとさらに減少し、男性では1400kcal、女性は1100kcalにまで下がります。

食事量は変わっていないのに、年を重ねるごとに太りだした・・という人もいるかと思いますが、これは基礎代謝量の変化によるものです。

基礎代謝量が減ることにより、日常生活の中では少ないエネルギーしか必要としなくなります。その結果、若い時と同じだけの量を食べていると、どんどん体の中に蓄積されていってしまうというわけなのです。

カロリー摂取過多の状態にならないよう摂取カロリーを調整したり、基礎代謝アップを心がけたりする必要があります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13711639
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック