基礎代謝量の違い(2)


ダイエットを考えている人にとって重要なポイントとなる基礎代謝ですが、基礎代謝は個人によって様々です。

性別や年齢により大きな違いがありますが、人種や生活環境、体格によっても違いがあります。

基礎代謝は、熱い時よりも寒い時の方が高い傾向があります。暖かい熱帯地方に住んでいる人は低く、極地の寒冷地に住んでいる人は高いというわけです。

日本では四季の変化がありますが、熱い夏よりも寒い冬の方が基礎代謝は高いのです。熱い夏に夏バテをして食欲が落ちても、それほど体重は減っていなかったことってありませんか?

一方、寒い冬になって食べる量が増えても、それほど体重は増えてないこともありますよね。これは、夏よりも寒い冬の方が基礎代謝が高いためです。

気温が低い所では、基礎代謝量は体温を維持するために上がります。ダイエットを考えている人は、冬でも薄着を心がけた方が基礎代謝が上がることが期待できますよ。

体格による違いもあります。日頃から運動をしていて筋肉の多い人は、寒い時に基礎代謝が働いてエネルギーを消費して体温を保とうとします。

それに対し動くのが好きではなく筋肉が少ない人は、基礎代謝量が少ないために体に脂肪を蓄えることによって体温を保とうとします。

冬になると太りやすいという人は、基礎代謝が少ない場合が多いのです。体を動かしやすい秋に筋肉量を増やしておき、冬に備えて太りにくい体にしておきましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13711638
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック