ヨガで基礎代謝を高めよう


独特な呼吸法をしながら色々なポーズをとっていくヨガは、内臓機能を向上させてリラックス効果もあり、健康にとても良い運動です。

基礎代謝がアップする効果もあり、太りにくい体を作ることができます。ヨガはゆっくりとした動きですが、見た目よりも筋肉を使い、発汗作用もあります。

筋肉力と比例して高くなる基礎代謝を高めるには、最適だといえるのです。

ヨガをやってみたいけど、体が硬いから無理かしら・・と思う人もいるかもしれませんね。体が硬い人は、筋肉の動きが悪い状態であるということです。

筋肉の動きが悪いと血液の循環も悪くなるので、冷え性になり基礎代謝が下がってしまいます。体が硬い人こそ、ヨガをして基礎代謝アップをする必要があるのです。

ヨガは、あまりポーズにこだわらなくても大丈夫です。リラックスした状態で呼吸法に意識を集中させることが一番大切なのです。

心配な人はホットヨガから始めてみてはどうでしょう。筋肉は温かい場所で伸ばすと、無理することなく柔軟性がアップします。

高温多湿の室内で行うホットヨガは、身体が硬い人にとても向いているといえるのです。通常のヨガよりもたくさんの汗をかくので、より効率的に基礎代謝を高めることができますよ。

ヨガは食前に行うようにしましょう。お腹に食べ物が入った直後は、胃や腸に血液が集まっている状態になっています。

ヨガをしても血液が体全体に行き渡りにくいので、あまり効果的とはいえないのです。最低でも食後2時間程度は空けてから行いましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13711632
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック