食事誘導性熱代謝量について


1日に消費されるエネルギーには、基礎代謝量、生活活動代謝量、食事誘導性熱代謝量の3つのエネルギーがあります。

全体の70%を占める基礎代謝量を高めることがダイエットの効果的な方法ですが、その他の代謝も同時に高めれば、より効果的にダイエットをすることができますよね。

食事誘導性熱代謝量を高める方法を考えてみましょう。食事誘導性熱代謝量とは、食事をとることで消費されるエネルギーですが、食物のとりかたによって、代謝量を高めることができます。

食事をすると食べ物は消化されエネルギーとして消費されます。この消費量は食物中の栄養素の種類によって異なり、たんぱく質は30%、糖質5%、脂質4%、炭水化物は10%がエネルギーとして消費されます。

たんぱく質がとびぬけて多いですよね。消費エネルギーを考えるなら、たんぱく質を多くとった方が効果的というわけです。

たんぱく質は消費エネルギーが多いだけではなく、その持続時間も長くなります。まさにダイエットに適した栄養素であるといえますね。

たんぱく質を多く含んでいる食物は、卵やチーズ、大豆、大豆製品、魚やお肉です。お肉は噛まずに食べられるひき肉を使った料理ではなく、よく噛まなければならないものが効果的です。

噛むという行為は、交感神経を刺激してエネルギー消費を高めます。ヒスタミンというホルモンを多く分泌します。

ヒスタミンは、満腹中枢を刺激してくれるので食欲を抑える働きになるので、食べる量も自然と少なくなるというわけです。

早食いをさけ、野菜なども大きめに切るなどして、噛む回数が増えるように心がけてみましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13711630
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック