停滞期とリバウンド


ダイエットというと食事制限を思い浮かべる人も多いですよね。食事制限で痩せたと思っても、停滞期を迎えてしまったり、リバウンドしてしまったり・・・ということはありませんか?

ダイエットをしたい時は食事制限だけでは十分ではありません。寝ている間でも自然に消費されている基礎代謝量を増やすことが大切です。

私達の体の組織の40%程度は筋肉でできていますが、基礎代謝量は筋肉の量によって左右されます。

同じような体格で体重も同じなのに、やせ方に違いが見られることがありますが、これは筋肉量の違いのためです。やせやすい体を作るには筋肉の量を増やすことが一番なのですね。

食事制限でダイエットをすると、脂肪と一緒に筋肉も落ち基礎代謝も低下してしまいます。

一時的に痩せたように感じても、基礎代謝が低下しているためなかなか体重が落ちません。これが停滞期ですね。

その後少し多めにエネルギーをとると、以前よりもエネルギーが代謝されずに太りやすくなっているので体脂肪が増えてしまいます。これがリバウンドです。

筋肉の量は16才〜18才前後がピークとなり、その後はどんどん減っていきます。成長ホルモンの低下や、たんぱく質合成の低下によるものですが、40才を過ぎると急激に下降してしまいます。

年齢と共に基礎代謝も低下していくわけですが、この低下を防ぐためには基礎代謝を意識したトレーニングで筋肉を鍛えておくことが大切なのです。

適度な運動で太りにくい体を作り健康維持を心がけましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13711628
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック