睡眠と基礎代謝


ダイエットしたいなら基礎代謝を高めるのが一番効果的です。筋肉の量が多い人ほど基礎代謝はアップするので、適度な運動やストレッチが効果的ですが睡眠も基礎代謝アップと深く関係しています。

睡眠中はたんぱく質が合成されたり、成長ホルモンが分泌されたりと、体づくりの為の大切な時間です。良い睡眠がとれれば質の良い筋肉がつくられ、基礎代謝も自然とアップするというわけです。

睡眠時間が短いと体づくりにも影響が出る他に、自律神経のバランスも悪くしてしまいます。自律神経のバランスが乱れると食欲を調整する脳内物質「セロトニン」と、食欲を抑制する働きをする「レプチン」というホルモンに影響が出てきます。

レプチンは体脂肪が増えたことを脳に伝える働きをしてくれますが、この分泌が乱れると満腹感を感じなくなってしまい、空腹ではないのに食べてしまうという恐ろしい現象が起こってしまうのです。

4時間睡眠を2晩繰り返すと血中のレプチンが18%も減少するという報告もあります。セロトニンはストレスを感じたときに反応する脳内物質「ノルアドレナリン」と、食欲や性欲などに関係している脳内物質「ドーパミン」をコントロールしています。

睡眠不足の状態が続くとセロトニンの分泌が抑えられてしまいます。その結果ドーパミンが暴走することになり過剰な食欲が発生してしまうのです。

睡眠時間を削って夜更かししているとついつい夜食が食べたくなってしまいますよね。せっかく運動やストレッチをしていても摂取カロリーオーバーになってしまいます。

心と体の健康のためにも睡眠はしっかりとるように心がけましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13711627
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック