健診や保健指導が不可欠


メタボリック対策には食事療法や運動をすることともに、メタボリックシンドロームに着目した健診や保健指導が不可欠です。

現在、生活習慣病の患者さんやその予備群が増加しており、生活習慣病が死亡原因の約6割、国民医療費の約3割を占めています。

メタボリック対策が必要な人達は厚生労働省の平成16年国民健康・栄養調査によると、40歳から74歳の男性2人に1人、女性の5人に1人がメタボリックシンドロームが強く疑われるかその予備群と考えられ、日本の同年齢における有病者数は約940万人、予備群者数は1020万人、併せて約1960万人と推定されています。

このため生活習慣病の予防、特に、健診による予備群の早期発見と保健指導の徹底が重要と見られています。

メタボリックシンドロームでは、虚血性心疾患や脳血管疾患などの動脈硬化症疾患を発症する可能性が高くなります。そのため運動習慣の徹底や食生活の改善など生活習慣の改善により内臓脂肪を減少させ、それらの発症リスクの低減を図る必要があります。

メタボリックシンドロームは過食、飽食などの食生活、運動不足などの長年の不健康な生活の蓄積が背景にあることは間違いのない事実であると思われます。皮肉にも、便利で豊かになった生活が不健康な生活習慣だった場合には、命を脅かしかねない病気の温床となっています。最近は、内臓脂肪蓄積肥満の若年化も懸念されています。

メタボリック対策は子供から大人までの全世代に渡って気をつけていかねばならない、最優先課題といえるでしょう。年齢を問わず日ごろからの健康管理に気を配ることが大切です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13576298
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

メタボの食事療法:カロリー制限その1
Excerpt: メタボ対策の食事療法の中心はカロリー制限です。その第一歩は、食事のおおまかなカロリー量を知ることですね。 この絵はいろいろな食事メニューのおおまかなカロリーを示した図です。横軸は脂肪量で、縦軸は..
Weblog: メタボ保健指導
Tracked: 2008-11-27 23:42