健康づくりのための運動指針2006<エクササイズガイド2006>


メタボリック対策には生活習慣病予防のための運動が欠かせません。

厚生労働省は、増加する生活習慣病を予防するために「健康づくりのための運動指針2006<エクササイズガイド2006>」を2006年7月に発表しました。

この健康づくりのための運動指針は、安全で有効な運動を広く国民に普及することを目的とし、現在の身体活動量や体力の評価、目標の設定方法、運動内容の選択などについて具体的に示しています。

メタボリック対策のための運動量の目標というのがあります。健康づくりのための身体活動量の目標というのが定められています。

内容は、週23エクササイズの活発な身体活動(運動・生活活動)を行う!
そのうち4エクササイズは活発な運動を!
というものとなっています。

メタボリック対策のための運動量の目標の中にある1エクササイズに相当する活発な身体活動とはどういったものなのかも定義されています。次は生活活動に関する項目から説明をしたいと思います。

 歩行、車の荷物の積み下ろし:20分
 自転車、子供と遊ぶ:15分
 雪かき:10分
 重たい荷物を運ぶ:7から8分

この運動指針は健康成人を対象としています。持病のある方はかかりつけの医師に相談し、安全に運動を実施することが望まれます。メタボリック対策のために安全に運動を継続することが大切です。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13527795
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック