健診で調査するメタボリックシンドローム


メタボ健診の名称の由来ともなっているメタボリックシンドロームですが、言葉の普及率とは裏腹に意味を誤解して覚えている人が多くなっています。

メタボリックシンドローム=単に肥満を指すという考えが多いようです。しかし、実際にはそうではありません。

メタボリックシンドロームは、内臓脂肪型肥満に加え、高血糖、高血圧、高脂血症の中の2つ以上を合併した状態のことを指します。

肥満とそれに伴う不健康状態をメタボリックシンドロームという訳です。メタボ健診において血圧や血糖値を測るのも、このメタボリックシンドロームを判断する為なのです。

高血糖や高血圧は、単独でも十分に危険な状態と言えます。これらが複数に渡って合併している状態だと、動脈硬化性疾患の発生頻度が飛躍的に高まります。

最近ではメタボリックシンドロームという言葉がバラエティ番組などの影響もあって安易に使われがちですが、実際にはかなり恐ろしい病気なのです。

痛いなどの自覚症状がない為、あまり深刻に捉える人が多くないという事情もあり、近年では非常に軽く見られがちになっています。

メタボ健診は、そういった社会的事情に警鐘を鳴らすという意味でも期待されているのです。

メタボリックシンドロームは非常に危険な病気です。その予兆があれば、直ぐにでも改善しないと取り返しの付かないことになります。

それをしっかりと把握し、メタボ健診に臨むようにしましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12244945
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック