健診で調査する生活習慣病


メタボリックシンドロームと同様に生活習慣病に関する健診を行うという目的が、メタボ健診にはあります。

生活習慣病とは、糖尿病、高血圧、脂質異常症などの、生活習慣がその主な発症原因とされている疾患の総称です。

この生活習慣病と内臓脂肪型肥満が合併した状態のことをメタボリックシンドロームと呼んでいるのです。メタボリックシンドロームを診断するということは、生活習慣病を診断することに等しいのです。

生活習慣病の厄介なところは、がん、心臓病、脳卒中などの脳血管疾患という現代の3大死因と密接な繋がりがあることです。

この3大死因のいずれもが、生活習慣病によって引きこされているといっても過言ではありません。更に肥満が重なりメタボリックシンドロームとなれば、その影響力は更に増加します。

生活習慣病はがんなどの死亡率の極めて高い病気の入り口ということです。

メタボ健診の目的はメタボリックシンドロームと生活習慣病の調査、予防ですが、引いてはがんや心臓病などの予防という意味合いがあります。

患ってしまったら取り返しのつかなくなる可能性の高いこれらの病気を未然に防ぐ為の健診なのです。

たかがメタボリック、たかが生活習慣病という認識を持っている方がいたら、それは直ぐに改めてください。
非常に怖い状態なのです。

取り返しのつかないことになるような、とても恐ろしい病気なのです。メタボ健診は、それらから一人でも多くの人を守る為に作られた制度なのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12244944
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック