メタボ健診でメタボリックシンドロームを予防できるのか


いよいよメタボ健診が2008年4月からスタートしますが、その前に誰もが思っていることが一つあるのではないでしょうか。

それは、メタボ健診で本当にメタボリックシンドロームを予防できるのかということです。

いくらメタボ健診と銘打っていても、実際にメタボリックシンドロームであるかどうかの判断がしっかりできなければ全く意味がないですし、それに対する指導も適切でなければ予防は難しく、ただ時間を無駄にするだけです。

そんな不安に駆られ健診に乗り気でない方も多いことでしょう。

メタボ健診で検査する項目は、いずれもメタボリックシンドロームを定義する上で重要な指標です。その基準値も、これまでの実績を踏まえた上で何度も検討を重ねた中で定められた値です。

しかし、はっきり言ってそれらが絶対とは言い切れません。何故なら、まだメタボ健診としての実績自体が皆無だからです。

何かを始める時、そこには決して保障はありません。間違っている可能性だってあるのです。しかし、それを指摘していたらキリがないのも事実なのです。

不安はもっともですし、二の足を踏む気持ちは十分わかります。ですが、それを押し殺して受けてみることをオススメします。

4月から健診を受ける一人一人がサンプルのようなものです。その数が増えれば増えるだけ信憑性が増し、それが実績となって、確かな予防手段へと変わっていくのです。

財政等に関する不信感もあるでしょうが、それらを訴えるのとは別に、健診は受けてみるべきです。

メタボ健診は国の政策として立ち上がったかもしれませんが、その内容は国民全体で作り上げていくべきだと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12244943
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック