医療界からみたメタボ健診


メタボ健診の義務化は医療界にも大きな影響を与えています。

健診を行う上で必要となる施設の数が足りないということで、義務化が決定して以降各所に健診の為の施設を新たに設定することになったのです。

メタボ健診は単に健診を行うだけでなく、検査した項目が基準値を超えている場合は保健指導を行う、あるいは受ける義務があります。

今のところ健診を義務付けられている5,600万人の約25%、1,400万人くらいの人達がその指導を受けることになるだろうという予測が立てられています。

彼らを全て指導するには、現存の施設だけでは足りないのです。

日本には現在様々な医療施設がありますが、その中から新たな健診施設を選ぶ作業は容易ではありません。申請を出している機関はかなりの数に上るようですが、中には実績に乏しくメタボ健診の為の施設としては不適当とされるような医療施設もあり、その選定にはかなり苦労することになるでしょう。

メタボ健診をよりよい環境で行う為、医療界は尽力する必要を迫られています。つまり非常に大きな額のお金を動かすということです。

健診の為の経費はもちろん、指導を行っていく上でも相当な金額が動くことは間違いありません。医療界全体にとって、大きなチャンスと言えると同時に大きなリスクを背負ったともいえます。

問題が発生した場合は、これまで以上に大きく取り立たされることは間違いないのですから。

医療問題、医療不信が叫ばれる昨今において、このメタボ健診がどう医療界を動かすのか、現在大きな注目を浴びています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12244938
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック