メタボ健診対策


我々国民はメタボ健診を受けなければならなくなった2008年ですが、それを前にして何かしなければならないことはないかと、少しばかりお悩みになっている人はいるでしょうか?

やはりメタボ健診という言葉には、どこか肥満であることを後ろめたく思わせるような響きがあります。

少しでも検査結果を良くしたい、肥満だと思われたくない、自分自身思いたくないという人は結構いる筈です。

そう思った時がチャンスです。メタボ健診に備え、色々と対策を練ってみましょう。

まずはやはり生活習慣の改善です。健診までの間、少しでもいいのでこれまでの生活習慣を省みて、明らかに健康に悪い部分を直して生きましょう。

夜間や食間に恒例にしていた間食を減らすのはどうでしょう。いきなりゼロにしてしまうのではなく、少しずつ減らしていけばいいんです。

運動も有効です。起きてすぐの30分、眠い目をこすりながら家の周りをゆっくり走ってみる程度で構いません。どうせボーっとしている時間なのですから、取り立てて損することはありません。

これだけでも、健診には大きく影響してきます。

メタボ健診があるから、その検査結果を少しでも良くするために対策を練るというのは、少し不埒に思ってしまう人もいるでしょう。

しかし、そう思う必要はまったくありません。メタボ健診の目的はむしろそこにあるからです。

メタボリックシンドロームは、中々自分から予防しようとか検査しようという気になれない病気です。よほど深刻な状態にならない限り、痛いなどの自覚症状が出てこないからです。

その警鐘という意味で実施されるのです。その対策として食事制限や運動を始めるのは、至って健全なのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12244937
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック