健診にのぞむ心構え


メタボ健診に備え、少しでも良い結果が出るようにしたい、できる限り恥はかきたくない、不安材料を増やしたくないと願うのは当然のことです。

しかし、あまり思いつめる必要はありません。平常心、つまり普通の心構えで良いのです。

メタボ健診は、あくまで病気の予防及び治療の為の制度です。今の自分自身の健康状態がどうなっているのかを探る為のものです。

そういう意味では、これまでの健康診断と何ら変わりはありません。自分が太っているから肥満だからと憂鬱になる必要はないのです。あくまでも病気を見つけることが目的なのですから。

とはいえ、検査項目の数値が結果として出る以上、少しでも良い数値が出るようにしたいと思うのが人情です。

中には無理やりテストを受けさせられるような気分の人もいるかもしれません。

メタボ健診は、実際テストのような要素もあります。それは「健康テスト」です。それに不合格だった場合は、指導を受け是正されます。その部分は否定できないところです。

心構えとしてテストを受けるというような心構えで挑むのはあまり良くないですね。

自分が今どう言う状態なのか、どうすれば今後メタボリックシンドロームにならずに済むのかを知る良い機会だと思って受けるのが好ましいでしょう。

国の政策について納得がいかない人もいるでしょう。それは置いておいて、まずは受けてみることです。その中で自分の利益にも繋げられますし、活発な意見交換を行えますから。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12244936
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック