ダイエット市場に与えた影響


メタボ健診が義務化されることで、ダイエット商品の市場に対し非常に大きな影響を与えています。

メタボ健診が義務化されるということは、必然的に自分が肥満体質であることを見抜かれることになります。
もしそこで要指導ということになれば、やはり恥ずかしいと感じる人は多いのではないでしょうか。

そういった感情を踏まえ、メタボ健診の義務化が決定して以降、各企業がダイエット食品をはじめとしたダイエット商品に対して非常に力を注いでいるのです。

これまでダイエット商品は瞬間的な大ヒットこそ何例かありましたが、それがロングセラーとなることはほとんどありませんでした。

なぜならダイエットを長期的に続ける人が少ないからです。例えば10kg痩せたいと思い立った人は、数ヶ月経って10kg痩せたらそこでダイエットは終了です。

そこでリバウンドし再びダイエットするという人はそれほど多くありません。一定の満足度を得たことで、もうダイエットに対しての興味を失ってしまうのです。

ダイエットに関してはこれまで何度もブームが到来しその度にさまざまな方法、さまざまな商品が開発され、それがマスコミにも取り上げられ、夜空に上がる花火のように華々しく散っていきました。

今回はこれまでの一過性ブームとは訳が違います。実際に社会的な評価として広まり残ることになったのですから。

メタボ健診がダイエット市場に与える影響は、その一回目の健診が終わった後に更に大きくなるでしょう。その影響力たるや、いまだ計り知れません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12244935
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック