メタボ健診と食事


生活を改善し心身を健康な状態にすることの中でも、特に重要なのは食生活の改善です。

メタボ健診で検査する項目は、いずれも食事によってその値が大きくコントロールされます。メタボリックシンドロームや生活習慣病の大きな原因となるのは、食事の不摂生にあると言われています。

メタボ健診を受けるにあたり、また受けた後においても、どのような食生活を行うべきかということは非常に重要になってきます。

メタボ健診に引っ掛からないようにする為の食事とはどのようなものなのでしょうか?

一番身体に悪いのは、ジャンクフードやスナック菓子です。これらを過剰に摂取することで悪質な脂肪が溜まり、腹囲やコレステロール値が平均値よりも大きく上がってしまう原因になります。

常に栄養素やカロリーを気にしながら食事するというのも難しいでしょう。そこでオススメなのが和食です。

和食は塩分こそ高めですが、それ以外においては非常に栄養バランスの良い食事です。食の欧米化が進む日本ですが、和食こそが人間の体にとって最も優れた食事なのです。

特にひじきなどの海藻類、ごぼうなどの根野菜はとても身体に良くメタボ体質の改善にも繋がります。

メタボ健診の為に食事療法を行うというのは本末転倒のような感じがする人もいるかもしれません。しかし、結果的には自己の健康に対する認識が高まる訳ですから全く問題はないのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12244933
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック