メタボ健診とダイエット


「デブを淘汰するという政策と同義だ」などと、メタボ健診が義務化されたことをネガティブにとらえる声が聞こえる一方で、一生懸命ダイエットに取り組もうとするポジティブな人たちもいます。

メタボ健診によるダイエット普及効果はかなり高いと目されているようで、ダイエットにまつわる商品がここ一年弱の間に相当発売されています。

メタボ健診が義務化されたことで、メタボリックシンドロームに関する項目の数値が一つの社会ステータスとして扱われるようになるのではという強迫観念にも似た不安や懸念が、ダイエット商品の購入に踏み切らせると踏んでのことでしょう。

確かに、ダイエット商品の中には有効な物もあります。中には高額にも拘らずまるで効果のない物もあったりします。一過性のブームにあやかって大量に購入することは控えましょう。

メタボリックシンドロームを予防するという意味でのダイエットならば、商品に頼らずとも実践できます。まず、生活を改善することです。

間食を控え一食の量を腹八分目に抑え、脂肪の多い食品を控え、毎朝30分でも散歩してみる。これだけで随分と変化が訪れるはずです。

安易に金銭で解決しようとしても結果的に上手くいかない場合が多いのは、これまでのダイエットブームで登場した数多のダイエット商品が定着してこなかった例が実証しています。

結局は自分自身の気の持ちようなんです。少しずつゆっくりと変えていけば、それがベストなのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12244932
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック