メタボ健診と管理栄養士ビジネス


管理栄養士の存在が、メタボ健診の義務化によってクローズアップされるようになって来ました。同時に、管理栄養士の不足が問題として浮き彫りになっています。

そこに着目しメタボ健診にとっても管理栄養士にとってもプラスとなるような事業として個人的に注目しているのが、アメーバブログというサイトで提案されている管理栄養士ビジネスです。

管理栄養士ビジネスとは、管理栄養士が不足している地域あるいは管理栄養士を必要としている企業や団体、地方自治体などに対し、管理栄養士を派遣するというビジネスモデルの事業とのことです。

管理栄養士のネットワークを形成し、どのような管理栄養士がどの地域にいるかというのをデータベース化し、情報公開をするという方法が考えられているようです。

具体的に実現するかどうかはわかりませんが、かなり良いアイデアではないでしょうか?

管理栄養士という職業はまだとても一般的とはいえません。どの組織にどんな人がどれだけの人数存在しているのかも良く把握されていないですし、不足しているとは言うもののどの程度不足しているのか、そもそも全国に何人いるのかもあまり取り立たされていません。

そういう情報不足の状況において管理栄養士の情報を提供し、働く場所の需要と供給のバランスを整えるというのは、それぞれにとって非常に有益なことだと思います。

メタボ健診が問題なく実施される上で、この管理栄養士ビジネスというのはかなり重要なのかもしれませんよ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12244930
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック