メタボ健診と食事方法


2008年4月以降、メタボリックシンドロームに関する情報が今より更に大きく取り上げられることになるでしょう。

メタボ健診によるメタボリックシンドロームの検査は、国民にとって大きな関心となることは間違いありません。

当然そこでクローズアップされるのは、メタボリックシンドロームに対する予防方法です。中でも最も持ち立たされるのは食事に関する情報でしょう。

現在においても、メタボリックシンドロームの予防として優れている食材や料理に関する情報は氾濫気味です。

しかしその一方で、食事方法についてはあまり注目されていません。実は食事方法も非常に重要なのです。

同じ物を食べる場合であっても、どれだけ噛むか、どのような姿勢で食べるか、何時食べるかで摂取される栄養量が変わってくるのです。

基本的に食事は良く咀嚼することが大事です。噛むという行為は、食物を小さくして消化しやすくし唾液の中の酵素を多分に混ぜることで消化吸収の効率を上げる作用があります。

また、噛めば噛むほど満腹中枢が満たされるので、量を抑える効果もあります。

姿勢も重要です。寝ながら食べると胃の働きが制限され栄養の吸収が弱くなります。

食事時間も、規則正しくしないと、消化器官が活発に働いてくれません。

メタボ健診に備え、こういった食事方法についても今後見直していく必要があるでしょう。もちろんメタボ健診に関わらず、規則正しい食生活というのは人としての身だしなみでもあるのですが。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12244928
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック