メタボ健診のメリット


実施される前からメタボ健診の必要性については到る所で議論されています。

実際、メタボ健診を行うことで国民にとって本当にプラスになるのかというと、断言できるだけの材料はありません。

何故なら、まだ実施されていない以上、問題点がはっきりとしないからです。やってみて初めて出てくる問題点は確実にあり、それを政府がどう対応するかによってメタボ健診のトータル的な価値がようやくわかるのです。

現時点で考えられるメタボ健診のメリットは、医療界にとって有益であるということです。健診の義務化によって安定した健診料が得られますし国の補助も大きくなります。

これまでは放置しておいたメタボリックシンドローム予備軍がこぞって医療機関の御世話になることは間違いなく、その利益も十分に期待できるでしょう。

では、国民にとってはどうなのでしょうか。メタボ健診で国民が得られるメリットは、自分でも気が付いていなかったメタボリックシンドロームや生活習慣病の予兆に気が付くことができるという点がまず挙げられるでしょう。

血糖値やコレステロール値などは、普段会社勤めをしているサラリーマンなどにとって滅多にお目にかかれる数値ではないので、こういった検査機会が設けられるのはメリットと言えるでしょう。

もっとも、既に自覚していながら改善の意思がない人にとってはあまり良いこととはいえません。そういう人に対しての対象法に関してもどうやって行くのかはまだ未透明です。

メリットは、これから少しずつ作っていくことになるというのが実状ですね。メタボ健診を義務化してよかったという声が増えることが、当面の政府及び医療界の目標ということになるでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12244926
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック