メタボ健診の無料化


メタボ健診は基本的には有料です。しかし、中には少数ながら無料化を発表している自治体も存在します。

仙台、大阪、北九州市、静岡県吉田町、沖縄県南風町が既にメタボ健診の無料化を発表しています。

メタボ健診を無料にするということは、大きなリスクが伴います。義務化されているわけですから、どれだけ市民、町民が不満に思おうとも結局は健診を浮けなければなりません。

税金が引き上げられ、ほとんどの国民が不満を唱えても結局支払うことになるのと同じですね。

当然その利益を見込む所も多く、それを無料にするのはあまりに勿体無いというのが本音であることに疑いの余地はなく、無料化を実施する自治体が少ないのはその為でしょう。

その中にあって何故無料化に踏み切る地方自治体があるのでしょうか?
それは、無料にすることで得られるメリットがあるからでしょう。

例えば、健診代は無料でもそのサポートに関してはそれなりの額のお金を支払うようなシステムだったり、地方の評判を上げる為だったり、他の市や県から受診者を呼び込むことで健診以外の部分での収入に期待したり……などといった思惑があるのかもしれません。

いずれにしてもメリットがない状態で無料化を実施するのは考えにくく、そのアテが確実に保障されるとも限りませんし、足並みをそろえないことで地方格差が開く可能性もあるので、無料が一概に優れた方針であるとも限りません。

自治体の目的はともかく、健診が無料というのは国民にとっては非常にありがたいことでしょう。

もっとも、その費用は税金で賄われることになるので、ありがたがる必要はないのかもしれませんが……。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12244925
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック